• UMEBACHI FURNITURE

豆ちゃぶ台の修理 R-2

最終更新: 5月13日

埼玉県 Y様

豆ちゃぶ台(豆ちゃぶ、豆卓子)を修理しました
修理した豆ちゃぶ台

骨董市で購入した豆ちゃぶ台にぐらつきがあり、直してお使いになりたいとのことでした。

使い古した風合いはそのままにしてほしいとのご希望でした。


豆ちゃぶ台(豆ちゃぶ、豆卓子)とは、小さなちゃぶ台のことで、膳の代用にする物でした。また、普段使うちゃぶ台の予備、小物を置く台、ままごと台などにも使われていたようです。


昔ながらの折りたたみ式のちゃぶ台は、起こし桟と呼ばれる板を立ち上げることで、脚を連結している貫を固定します。



ちゃぶ台の脚を固定している
脚を固定している状態

長年使っていると、部材が磨り減ったり、木がやせたりしてぐらつくことがあります。

今回は、脚を連結している貫に、薄いクサビを貼り付けることで、ぐらつきを解消しました。


ちゃぶ台の修理のために製作したクサビ
用意した薄いクサビ

クサビを挟み込むことでちゃぶ台のぐらつきを解消しました。
クサビを挟み込んで脚を固定したところ

もちろん折りたたみの機構はそのままです。


使い古した風合いをなるべく損なわないよう、蜜蝋ワックスでメンテナンスしました。


ウメバチファーニチャーでは、家具のオーダーだけでなく古家具の修理も承っております。

まずはお気軽にお問合せ下さい。


ご依頼方法についてはこちらをご覧下さい。

192回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示