top of page

​UMEBACHI FURNITURE について

ウメバチファーニチャーでは、無垢材を使ったオーダー家具や小物を製作しています。

​シンプルで使いやすく、どこか懐かしいような、親しみの持てる家具づくりを目指しています。

素材は国産材にこだわり、人と環境に優しい、安心、安全な塗料を使っています。

​みなさまの日々の暮らしに彩りを添えられる家具になるよう願っております。

デザイン

​職人が自らデザインしています。

古くからある意匠、要素を取り入れつつ、現代の生活に合うデザインを心がけています。

​日本の風土からおのずと表われる素朴な家具を探求しています。

それは、自然と生活の場に溶け込み、まるでずっと前からそこにあったかのようで、いつしかなくてはならない存在となってくれる家具です。

ラタン(籐)を張った軽い椅子
寄木細工による装飾
クリ材のスリムデスク

素材

主に国産の広葉樹(クリ、クルミ、サクラ、タモなど)を使った家具づくりをしています。

防腐剤や防虫剤は一切使わず天然乾燥と人工乾燥を併用した木材を使用します。天然乾燥と人工乾燥を併用することで、より狂いの少ない木材になります。

必要に応じて突板合板を使用する場合もあります。

(国産の広葉樹について詳しくは→こちら

 

ラタン(籐)やペーパーコードを座面に張った椅子も手がけています

建具部分には、大正から昭和にかけて作られていたレトロなガラスを取り入れることもできます。

製材後、乾燥が完了したオニグルミの丸太
ペーパーコードチェア
ゆらぎのあるレトロガラスを家具の建具に再利用

塗装

オイルフィニッシュといわれる、植物性オイルを使った塗装を行っています。オイルフィニッシュで仕上げることで、木の質感をいかすことができます。

塗料は、主に亜麻仁油や桐油をベースとしています。

化学物質を一切含まず、安全性を重視したもの(ヨーロッパ玩具製造安全基準適合)を使っています。

においに敏感な方には、においが少ない無溶剤タイプのオイル塗料をおすすめしています。

(オイルフィニッシュの家具について詳しくは→こちら

 

テーブルの天板など、撥水性が求められる場合には、ウレタン塗料(食品衛生法適合)を併用しています。

浸透性で塗膜を作らない塗料なので、オイルフィニッシュと見た目はほとんど変わりません。

 

​日本古来の素材である柿渋を使った塗装や、鉄媒染液を使った染めも行っています。

柿渋は時間の経過とともに色が濃く変化し、味わい深くなっていきます。

​(柿渋塗装の変化については→こちら

ウメバチファーニチャーでは、ドイツのクライデツァイト社(Kreidezeit)の自然塗料を使用しています。人と環境に優しい安心、安全な塗料です。
下塗りにポリウレタン樹脂塗料を塗ると耐水性が高まります。
鉄染めフレームのウォールミラー

​スタッフ

加藤 幸浩

​家具職人

1984年   埼玉県生まれ

2000年   高校の芸術選択科目で木工と出会う

2008年   東京工業大学生命理工学部卒

     分子生物学を学びつつ、生物多様性に興味を持つ

     食品メーカーにて開発職を経験

     自転車にてアジア、日本一周一人旅へ

2013年   埼玉県立川越高等技術専門校 木工工芸科修了

2013年-  無垢材を使用した特注家具の工房に勤務

2018年   春日部桐箪笥技術後継者育成講座 受講

2019年   UMEBACHI FURNITURE 開業

資格

木材加工用機械作業主任者

自由研削といし特別教育修了証

アーク溶接等の業務に係る特別教育修了証

​ガス溶接技能講習修了証

加藤幸浩

戎谷 美野里

川越高等技術専門校を修了したのち、特注の額縁製作​に携わる。

家具を作る過程で出てくる端材の利用や古材のアップサイクルに取り組んでいる部門​ズコウシツ」担当。

※現在スタッフの募集はしておりません。

zukoushitsu.jpg
Contact
bottom of page