• UMEBACHI FURNITURE

ちゃぶ台 CH-1

最終更新: 5月13日

ウメバチファーニチャーのロゴのモチーフにもなっているちゃぶ台を制作しました。


直径80cmのちゃぶ台
直径80cmのちゃぶ台

ちゃぶ台といえば昭和。家族団らんの象徴とも言える家具です。

制作したちゃぶ台は、和洋問わず使えるようにデザインしました。脚に丸みを持たせているのがポイントです。

古いけれども新しい、現代の生活に合わせたちゃぶ台です。


2人でゆったり使えるちゃぶ台

本を読んだり、くつろげるちゃぶ台


昔ながらのちゃぶ台と同様に折り畳める機能は踏襲しています。


折り畳んだ状態のちゃぶ台
折り畳んだ状態のちゃぶ台

使わないときは折り畳め、省スペース。


転がして移動ができるのも便利なところです。お掃除の時も便利です。











起こし桟(起こし板、羽子板とも)と呼ばれる部材を軸摺りにし、回転させて立ち上げることで脚を固定します。脚の回転軸は金属の棒にすることで耐久性を高めています。


起こし桟によって脚が固定された状態
起こし桟によって脚が固定された状態

詳しくは下の動画をご覧ください。


       (再生ボタンを押すと、使い方を動画でご覧いただけます。)



幕板部分は三枚組継ぎという、伝統的な工法で組み立てています。仕口(木と木を組み合わせる方法)でもあり意匠でもあります。


三枚組み継ぎ
三枚組み継ぎ

また、脚を折りたたんだ状態でも使うことが出来ます。自宅に人が集まって、宴会をする時などにも活躍しそうです。


折りたたんだ状態でも使えるちゃぶ台
折りたたんだ状態でも使えるちゃぶ台

材質:ヤマザクラ(国産材)

サイズ:Φ800 x H300 mm (折りたたみ時は、H68 mm)

塗装:ポリウレタン系樹脂塗料、植物性オイル

参考価格:¥115,000(税込、送料別)


ご注文方法についてはこちらをご覧下さい。

138回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示